初冬間近(?)の桧原湖釣行

【天候】小雨 【水温】--.-℃

 

遂に、会津磐梯山も初冠雪! ※写真は表磐梯側から撮影
ニュースによれば、11月下旬並みの冷え込みということだったので納得でした。
そういえば、昨日の夕方に頭上から聞こえて来た鳴き声は、猪苗代湖へ向かうハクチョウのものだった気が・・・。

 

 

そんな中、夕マズメのチョイ釣りをしに桧原湖へ。
気温6℃+小雨+南寄りの強風という、なかなかにタフな状況でしたが、それだけにアングラーの姿を見かけないので岸釣りには好都合です。

 

本湖はかなり荒れていたので、少しでも風を避けられるエリアから実釣開始。
スピナーベイトで釣れる雰囲気ではなかったので、ジャークベイトから始めると、直ぐに答えが返って来ました。
風上に投げると即バックラッシュしそうだったので、風下へ進みながら釣って行くと、ほどなくして2匹目!
いきなりヒットパターンを見つけられたような・・・。

 

 

その後、試しに風が当たるエリアを釣ってみましたが反応はなく、「今日はこういう所じゃないのか?」と睨んだ所で、絵に描いたように3匹目がストライク!
俄然、自信が付いたので、時間の節約と体温維持を兼ねてポイント間の移動は小走り&早歩き。
「今日は、ココもいいはずだ。」と思った場所では、これまた絵に描いたように4匹目がストライク!
完全にヒットパターンを掴みました。

 

 

が、楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、早々と日没を迎えました(涙)。
今日のように空が分厚い雲に覆われている日は、特に日没が早く感じます。

 

グッと寒さも増し、ずっと吐く息が白いほどでしたが、スモールはまだまだ元気ハツラツ。
荒天の日は、減水期であることを活かしての岸釣りもアリでしょう。

ボートと違い、微妙なバイトも分かりやすくなります。
足場の良い岸では、ダッシュすると時間の節約になり、体も温まり、心肺機能も鍛えられて、一石三釣です。


| 1/93PAGES | >>