好釣の桧原湖

【天候】小雨 【水温】8.6℃

 

夕方に時間ができたので、桧原湖へスクランブル出動しました。

現地の気温は12℃ありましたが風が強く、小雨が降っていることもあって体感温度は低め。

何しろ、残雪はまだまだあります。

 

 

沢の近くでは、早くもミズバショウが咲いていました。

これはクマの大好物なので、群生地帯では注意が必要です。

当然、私もクマ除け鈴を装着!

幸いにして気配は全くありませんでしたが、"備えあれば患いなし"です。

 

 

釣りを開始して間もなく、岸沿いを回遊するワカサギの群れを発見!

「これは釣れるんじゃないの?」と思いつつジャークベイトを投入すると、ポーズ中に「コンッ!」・・・ストライク!

1本目から41cmと、幸先の良いスタートを切ることができました。

 

 

シーズン当初は、40cmオーバーでも群れでいる場合が少なくありません。

そこでラインを結び直して同じ場所を釣ると、2投目でまたしてもポーズ中に「コンッ!」・・・ストライク!

狙いどおり仕留めたのは39cm。

 

 

「2度あることは・・・」と期待しましたが、後が続かず・・・。

また、魚の居場所の傾向を掴みたかったこともあり、粘らずに移動しました。

 

移動後は、風向きが変わって風ビュービュー。

波も出て来たので、スピナーベイトで釣って行きました。

すると、「グ〜ッ。」というちょっと元気のないストライクが!

上がって来たのは30cm半ばの魚でした。

既にこのサイズが動いているとは・・・ちょっと驚き。

 

 

日没まで釣って、3バイト&3フィッシュ。

実釣時間を考えれば、上々の釣果です。

 

雨の中、帰路につくと、その途中で道路を横断するキツネとヒキガエルに出遭いました。

魚だけに限らず、植物も陸上の動物も、例年のこの時期より活発です。

クマに出遭うのも時間の問題でしょう。

 

今週末は、かなり気温が上がるようなので、今年はゴールデンウィーク前半から好釣に釣れそうです。

キーワードは、間違いなくワカサギの群れ。

彼らがいれば、近くにスモールが潜んでいる可能性は、かなり高いと言えるでしょう。

今月一杯なら、岸釣りでも十分勝負になりそうです。

 

 

 


| 1/115PAGES | >>