春うららの偵察

【天候】晴れ 【水温】-.-℃

 

今日は4月のようなポカポカ陽気になりましたが、一身上の都合によりロッドを振ることはできず・・・。

せめて状況だけでも把握しておきたいと思い、お昼過ぎに出かけました。

 

中旬に入ってから週1回のペースで湿り雪が積もりましたが、今年は根雪がないだけに直ぐに解け、国道459号線はこのとおり。

さすがにスケボーは見かけませんでしたが、既にバイクと自転車は走っていました!

 

国道459号線

 

除雪車の目印として境界に立てられていた紅白ポールは既に撤去済み。

除雪車の出動回数は過去最低を記録したと思います。

歩道を歩けるようになるのも時間の問題でしょう。

 

 

桧原湖は既に全面解氷済みですが、会津磐梯山は、まだまだ美白を保っています。

しかし、日差しは春のそれ。

ユスリカの大量羽化もあり、"早春"といった感じです。

 

会津磐梯山

 

標高が最も高い桧原湖ですら、フキノトウを探すのに苦労しないという・・・。

まだ3月のはずですが・・・。

 

フキノトウ

 

更には、ミズバショウも仲間に加わろうとしているという・・・。

まだ3月のはずですが・・・。

 

ミズバショウ

 

ネコヤナギは当然の参加。

「これでいいのだ。」と言って良いのかどうか・・・。

少なく見積もっても、例年より20日は季節進行が早いと言えます。

 

ネコヤナギ

 

日向には生命感があるものの、日陰にはまだまだ残雪もあり、サルの足跡はあちこちに見られます。

幸いにしてクマはまだですが、気配を感じるのも時間の問題でしょう。

 

サルの足跡

 

「これだけ暖かければ、ひょっとして氷は解けてるんじゃないか?」と淡い期待を抱きつつ、曽原湖も見に行ってみました。

すると・・・絶賛結氷中!

しかし、既に真っ白ではなくなって来ているので、次の雨で一気に解氷が進むと思われます。

 

曽原湖

 

いろいろな意味で釣りができる態勢を整え、どうにか、こうにか、なんとか、今月中に初バスを仕留めたいところです。

ユスリカとセッケイカワゲラが現れたら、どうにかしないといけないでしょう。

 

ちなみに、今日(3/26)現在、福島県内の新型コロナウイルス感染者は2名と発表されていますが、病院で治療中の方々です。

市中感染が拡大しているという発表はありません。

ただ、中止になるイベントが増えて来ました。

1人で裏磐梯へ出かけて釣りをして帰る分には何の問題もありませんが、1日も早い終息を祈るばかりです。


| 1/2PAGES | >>

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

投稿記事

カテゴリ

過去の投稿記事

関連リンク

管理人

サイト内検索

その他

モバイルサイト

qrcode